kotu

法律事務所Sの強み

法律事務所Sに交通事故事件をご依頼いただくと
1 大半のケースで損害賠償額を増額しています(クレド「speciality」) 2 交渉・訴訟により、迅速に解決します(クレド「speedy」) 3 弁護士特約に対応しており、利用できる場合は弁護士費用がかかりません

交通事故の被害者様は、圧倒的な情報格差のある相手方保険会社担当者と対峙することとなり、そのやり取りで疲弊する方も少なくありません。
弁護士は、相手方保険会社との交渉もすべてお引き受けしますので、事故後早い段階でご依頼いただくことで、お怪我の治療に専念して頂くことが可能となります。
また交通事故における損害賠償金(人損部分)の賠償基準には「自賠責基準」「任意保険基準」「赤本基準」といった複数の基準があります。弁護士は、その中でも最も高い基準である「赤本基準」を使用しますので、弁護士を入れることで煩わしい交渉から解放されるだけでなく、受け取れる賠償額自体も増額するケースが非常に多いのです。
法律事務所Sは、いずれの弁護士も、交渉段階から訴訟段階まで、多数の交通事故を取り扱っており、交通事故分野に精通しております。また協力医、鑑定業者との連携等、強力なバックアップ体制がございます。
なおご加入の保険(自動車保険に限りません)に弁護士特約が付いている場合、弁護士費用はお客様の保険から支払われますので、お客様の経済的なご負担なく、弁護士にご依頼いただくことが可能です。

本当は、保険会社の提示の2倍・3倍の金額が正しい賠償金かもしれません

保険会社が賠償案を提案してくる場合に、あたかも、保険会社の基準が決まりきった基準であるかのように説明がなされ、そのまま受け入れてしまう方が多数いらっしゃいます。しかし、保険会社の賠償基準は、保険会社が勝手に決めたものです。弁護士が入れば、大幅な増額が見込まれる事があります。一度は弁護士に相談しないと、適正な示談案か否かを判断できません。

保険会社基準 < 弁護士(裁判)基準

弁護士費用特約に加入していませんか?保険証券をご確認下さい。

自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合があります。もちろん、当事務所でも特約のご利用が可能です。特約に加入されている場合には、ご相談予約の際にお申し出下さい。

事故発生から解決まで (弁護士費用はこちらまで)