fudo

法律事務所Sの強み

法律事務所Sに建物明渡し事件をご依頼頂くと
1 迅速な対応により早期の明渡しを実現します(クレド「speedy」) 2 保全手続等、事案にふさわしい方法をご提案・遂行します(クレド「speciality」) 3 各種業者と連携して明渡しを実現します(クレド「speciality」)

建物明渡し事件は、一朝一夕に解決するものではなく、立ち退きが長期化することで、時間、金銭的損失ばかり積み重なっていきます。
建物明渡し請求事件等では、訴訟手続のみならず、それに先立った速やかな保全手続が必要となるケースもあります。いずれも高度な専門性、迅速性が要求される分野であり、専門家の助力が不可欠な分野と言えます。
 法律事務所Sは、不動産業者や、廃棄物処理業者との連携があり、滞納家賃の請求、建物の明渡し段階から、明渡し後の処理まで、一貫した支援をご提供できます。

手続の流れ

  • 滞納家賃の請求については、収入源が判明している場合には、「債権仮差押」等の手続きで確保できる場合があります。