suehiro

所属

  • 神奈川県弁護士

経歴

町田市出身
平成8年3月日本女子大学付属高等学校卒業
平成12年3月慶応義塾大学総合政策学部卒業
平成14年3月慶應義塾大学政策メディア研究科修士課程修了
平成14年4月PWCコンサルティング(現日本IBM)入社
平成17年3月IBMビジネスコンサルティング(現日本IBM)退社
平成20年3月駿河台大学法科大学院法務研究科修了
平成22年9月司法試験合格
平成23年12月司法研修所修了、弁護士登録
県内法律事務所入所
平成25年1月篠崎百合子法律事務所入所
平成28年4月相模原中央総合法律事務所入所

執筆

  • 「グローバル・ガバナンスとEUの深化」(共著,慶應義塾大学出版会,2011年)

一言

女性弁護士ということもあり、弁護士登録以降、離婚など家庭で発生する法律紛争に多く携わってまいりました。それら経験の中で、事件だけを見るのではなく、依頼者様と向き合い、何が最善なのかを一緒に考えることの大切さを実感しています。
依頼者の皆様と歩調を合わせ、お互いの顔が見える位置で、ときには世間話をしながら歩みを進め、一緒に問題解決というゴールにたどり着く、そんな弁護活動を心がけたいと思っています。
どうぞ、お気軽にご相談にいらしてください。