saiken

弁護士に依頼するメリット

会社や個人にとって、本来支払われるべきお金を回収できない事態は、到底放置できるものではありません。
売買代金債権や、請負代金債権などには消滅時効というものがあり、その期間は思っているよりも短く、放っておくと直ぐに時効にかかってしまいます。たとえ、時効にかからなくても,時が経過すれば,回収は非常に困難になってしまいます。
そこで、債権回収では,何よりも迅速な対応が不可欠です。また、多くのケースでは相手方の任意の支払は期待出来ませんので、強制執行などの専門的な手続を取る必要があります。
債権回収の方法は多岐に亘り、経験に裏付けされた的確な方法を選択する必要があります。弁護士は、債権回収の様々な方法に精通し、相手方の状況に応じて、無駄のない最善の方法を実行することができます。

手続きの流れ

あくまでも一般的な流れで、弁護士から電話一本かけることで、解決することもあります。
また、今後の相手方との関係にも配慮して、これ以外の比較的穏当な対応をする場合もございます。