fudo

弁護士に依頼するメリット

不動産関係事件は、関係法規が多岐に渡り、解決に専門的知識が必要な件もあります。
また、建物明渡請求事件等では、単なる裁判手続だけではなく民事保全手続が必要な場合もあり、専門家以外には適正な手続の選択・利用が困難な場合もあります。
当事務所にご依頼頂いた場合、依頼者の方と十分協議の上、権利の実現にもっとも適切な方法を採らせて頂きますので、結果的には早期の紛争解決につながります。

手続きの流れ

  • 滞納家賃の請求については、収入源が判明している場合には、「債権仮差押」等の手続きで確保できる場合があります。