顧問弁護士

就業規則のアップデート

運送業を営むA社は10年以上前に作成した就業規則を使っていましたが、時代の変化に伴って裁判所の裁判例が変わり、現在の裁判例に反する内容になり、そのまま放置すると重大な法律問題が生じるおそれがありました。
A社は法律事務所Sと顧問契約をすると同時に就業規則のチェックを依頼しました。弁護士は就業規則の問題点を発見し、A社の顧問社労士と連携してA社の就業規則を現在の裁判例とA社の実情に合わせた形で変更し、A社は安心して事業に集中することが可能になりました。