建物明渡し事件

不審者が出入りしていた事例

工場を借りていた会社の社長が、大量の残置物を残していなくなったため、工場に不審者が出入りするようになり、防犯面から近隣住民にも迷惑をかけてしまう事案が発生し、家主のA様は困って法律事務所Sにご依頼されました。
担当弁護士は、直ちに占有移転禁止の仮処分を打ち、その後、本裁判によって明渡しを実現し、A様の権利の実現はもちろんのこと、近隣住民の安全も確保することができました。